彼女持ちもご愛用のテレホンセックス!マニアックプレイで性欲発散

数あるテレセサイトから厳選したエロすぎてヤバい人気のテレフォンセックス!

こちらのサイトなら失敗しない満足いく電話エッチができますよ♪

ハニーライン

  • 学生・OL・主婦・熟女
  • エッチに積極的な女性多数
  • 生オナニー実演も
  • 有料ポイント制(無料お試し付)

満足度

97

エンジェルライブ

  • 主婦人妻たちに人気
  • 1人エッチ実演する女性が多い
  • 気さくな女性が多く要望に応えてくれやすい
  • 有料ポイント制(無料お試し付)

満足度

95

ジュエル

  • 女子学生が多い
  • ノリが良い若い女性多し
  • 素人娘が多くぎこちなさが興奮を誘います
  • 有料ポイント制(無料お試し付)

満足度

93

2D派?3D派?テレホンセックスは別格の絶頂が待っている

テレホンセックスを否定的に考えている人は少なくないようです。
「本当のセックスのほうが気持ちいいに決まっている」「テレホンセックスなんてモテないやつのするもの」といった意見をしばしば聞きます。
しかし、その人たちが実際にテレホンセックスの経験があるかというと、ほとんど、いやまったくないといってもいいのではないでしょうか。
経験したこともないのに想像や憶測だけで判断してしまうのはどうかと思います。
というのも、テレホンセックスを楽しむ人の中には恋人や既婚者のいる人も少なくありません。
また、以前はリアルなセックスをしていたけれども、一度テレホンセックスを経験してからハマってしまったという人も珍しくないのです。
そもそもテレホンセックスとリアルなセックスを比較すること自体が誤りなのです。
テレホンセックスと「セックス」がついていますが、リアルなセックスとは異なる「別物」と考えるべきなのです。
リアルなセックスは相手を見ることもできますし、肌に触れることもできます。
息遣いを直に感じることも可能ですし、性的に感じるポイントを直接刺激することもできます。
それに引き換え、テレホンセックスは相手を見たり触ったりすることは不可能です。
なんといっても、性的ポイントに触れることができません。
いわばリアルセックスは3D、テレホンセックスは2Dといえるでしょう。
3Dと2Dでは、同じものを見ていても目に入るのはまったく別物と感じるはずです。
このようにリアルなセックスとテレホンセックスを同じものと認識することは間違いなので、どちらがいいかという議論は不毛なものなのです。

いつでも電話Hが出来るテレホンセックスの最大のメリット

テレホンセックスのメリットはいくつかありますが、そのうちのひとつに「いつでもどこでもできる」というものがあります。
出会い系サイトにはテレホンセックスの相手を求める専用サイトもあり、それを利用すれば比較的相手を見つけることは容易です。
そのサイトはほとんどが24時間利用可能です。
普通のセックスなら、相手が見つかってもお互いが会うことが必要です。
都合によってはすぐに待ち合わせができなかったり、それぞれの居場所が離れていたりして、すぐに会うのは難しいことも多いでしょう。
しかし、テレホンセックスなら真夜中でも真っ昼間でも相手さえ見つかればすぐにすることが可能なのです。
また、テレホンセックスは携帯電話やスマートフォンでもできるので、その気になったならどこでもできます。
テレホンセックスマニアの中には、公衆トイレや公園などといった周りに人に気配のある場所ですることで更なる興奮を呼ぶという人もいます。
性欲というのはいつどこで催してくるものかわかりませんから、このように「いつでもどこでも」できるのは非常に大きなメリットです。
その他、相手を選ばないという点も利点です。
実際にセックスをするのであれば、容姿や体型などに好みのある人もいるでしょう。
スリムな女性が好きなのに待ち合わせにやって来たのはぽっちゃりだった…。
これくらいは良しとしても、まったく受け入れられないような外見ということもあるかもしれません。
でもテレホンセックスならお互いの姿は見えないのですから、どんな人が相手でも構わないというわけです。
たとえば、ファンのアイドルや美人女優を相手に思い浮かべながらテレホンセックスを楽しむこともできるのです。

激エロな言葉責めで絶頂!テレホンセックスのムード作り

テレホンセックスといえども、普通のセックスと同じです。
ですから、雰囲気やムードというのは非常に重要な要素と認識することが必要なのです。
女の子を家に呼んで、部屋に入るなり突然ガバッとベッドに押し倒したりしたらどうでしょうか。
相手は戸惑ったり怖がってしまったり、ひょっとするとそのまま部屋を出て二度と会ってくれなくなってしまう可能性さえあります。
セックスのかたちに持ち込めたとしても、快感を感じることはないかもしれません。
テレホンセックスでも同じです。
お互いテレホンセックスを楽しむという思いがあっても、やはりそれなりの雰囲気を作り上げていくことが大切です。
テレホンセックスは相手が見えない部分を想像力で補わなければなりません。
そのためには、雰囲気作りが特に欠かせないのです。
頭の中で相手を想像して、シチュエーションを思い浮かべる。
そんな作業なしに突然相手だけが興奮した様子でテレホンセックスを始めたなら、盛り上がるどころか逆に引いてしまうかもしれません。
日常生活でも女性はムードに弱いもの、テレホンセックスという特殊な状況ならなおさらその部分は強調されるものなのです。
実際のセックスの前に愛撫が必要なように、テレホンセックスでの愛撫とは雰囲気作りなのです。

彼女とのHとテレホンセックスは別物!欲求不満は電話Hで解消

実は今、テレホンセックスにハマっています。
それを聞いて「はは〜ん、この人は彼女もいずモテない男の人なんだな」と思った人も少なくないかと思います。
しかし私には付き合って2年になる彼女がいますし、これまでも何人かの女性とお付き合いをしてきました。
「じゃあ、どうしてテレホンセックスなんて?」と思うかもしれませんよね。
私にとって、彼女とのセックスとテレホンセックスは「別物」なんです。
テレホンセックスを始めたキッカケはちょっとしたことでした。
付き合って2年ともなるとお互いの関係もマンネリとなり、セックスをするのも一種の「惰性」のような感覚に思ってしまうのです。
彼女のことは愛していますが、心と肉体は別なのか、彼女とのセックスは何となく興奮度が物足りなくなってきたんです。
かといって、他の女性とセックスをすることは彼女を裏切ることになるので絶対にありえませんし、風俗へ行くことにも抵抗がありました。
そこで思いついたのが、テレホンセックスというわけなのです。
テレホンセックスなら相手の女性と付き合うわけではなく精神的な結び付きもない、ただ電話でお互いがやり取りするだけだから問題ないだろうと思ったんです。
最初はやり方もよくわからず、適当に相手にお任せしようと考えました。
ラッキーなことに、そのとき相手をしてくれた女性はテレホンセックスに慣れていたようでした。
私はその女性に言われるままテレホンセックスをしたのですが、すごい快感を味わうことができました。
そもそもテレホンセックスで本当に気持ちよくなれるのかという疑問を持っていた私ですが、すぐに病みつきになってしまったんです。
その後もテレホンセックスは続けていますが、相手は毎回変更しています。
「同じ相手とは2度としない」それが私なりの彼女への「贖罪」なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ